母乳不足に革命を~Babyの成長をサポートし隊~

女性

母乳に固執しない育児生活

女性

日本では母乳育児が推進されていますが、育児生活を送っているうちに、母乳不足で悩む女性が増えてきます。サプリメントなどで対策をして、母乳不足で悩まない準備をしておきましょう。

母乳を増やすためには

女性

母乳育児中に母乳不足に陥ってしまうことがあります。その時は母乳不足を解消するハーブティーがおすすめです。それに加えて、バランスの良い食事や睡眠、赤ちゃんにたくさん母乳を飲んでもらうことで母乳不足が改善されるでしょう。

定義が難しいです

赤ちゃん

母乳不足の定義は明確なものがないため、自己判断せず、専門家の見解のもと判断した方がよいです。また、母親に母乳不足の原因の場合、水分補給が十分でないと必然的に母乳不足に陥るようになっています(3リットル必要です)。

母乳で赤ちゃんを育てる

赤ちゃんをすくすく育てるための情報満載のサイトです!母乳不足を解消する方法が紹介されているので、チェックしておきましょう。

関節痛をしっかり改善するなら膝の痛みに効果的なアイテム!人気のサプリメントがあるのでこちらをご覧になると良いですよ。

母乳を出す工夫

赤ちゃん

粉ミルクや人工乳を与えることは手軽で良いのですが、母乳には赤ちゃんに必要な栄養素が豊富に含まれ、また、赤ちゃんの免疫力を高める成分も含まれています。しかし、生後3・4ヶ月頃になってくると母乳の出が悪くなり、母乳不足で赤ちゃんの機嫌が悪くなるとあきらめて粉ミルクに切り替えるお母さんが多くなります。そのため、母乳不足にならないよう日頃から気を配っておきましょう。母乳不足には体を温めることが必要です。血流が良くなると母乳の出も良くなります。ですから、必然的に体を温める効果のある食材を進んで食べるようすると母乳不足が解消されていきます。

母乳が足りていないサイン

母乳不足で悩んでいるお母さんは結構多いものです。しかし、人と比べたり、マニュアル通りにはいかないことに不安に思う必要はありません。まず、母乳不足であるかどうかは赤ちゃんの反応を見ればわかります。母乳が足りていない赤ちゃんは機嫌が良くならず、すぐに泣きます。そして、いつまでも乳首に吸い付いていて離そうとしません。おしっこの回数が少なく、ウンチが何日も出ない場合や授乳の間隔が1時間ぐらいですぐにおっぱいを欲しがる場合も母乳不足が考えられます。なによりも、赤ちゃんの体重が増えない時には明らかに母乳不足です。いくつか該当するようであれば、母乳に良いとされることは全て試してみるべきです。それでも出ないようであれば、粉ミルクを足してみれば良いのです。焦らずにゆったりとした気持ちでお母さんとしての努力をすることが大切です。